2017年5月21日

メンバー紹介

会長

大石 晴久

この度は、当法人のホームページにアクセスいただきありがとうございます。
当法人の前身である「大石労務管理事務所」は、昭和30年4月創立以来62年の長きに亘り、
関与先企業様の発展と、そこに働く従業員の皆様の福祉の向上に寄与して参りました。この度、社会保険労務士法制定50周年を迎えるにあたり、
社会保険労務士業務の一層の拡充と良質なサービスの永続提供を目的として、
社会保険労務士法人「ときわ経営労務」を設立発足いたしました。

企業を取り巻く経営環境は刻々と、しかも大きく変化しています。
人事労務の分野においても時代に即した施策が必要となっており、
我々社会保険労務士も法制度やライフスタイルの変化に対して、迅速かつ柔軟に対応する姿勢が求められています。

こうした背景から、これまで培ったノウハウを強みとして活かしつつ、
新たな情報を的確に収集・分析する能力を備え、
柔軟な発想と行動力に富んだ次世代に、バトンを繋ぐ行動を開始することといたしました。
つきましては、次のとおり新法人のメンバーを紹介させていただきます。

代表社員

大石 健太郎

・特定社会保険労務士
・公認会計士

一橋大学卒業後、大手監査法人にて上場企業の法定監査業務、IPO支援業務、コンサルティング業務等の公認会計士業務に従事。社労士法人にて社労士業務を習得した後、大石労務管理事務所に参加し現在に至る。

代表挨拶
IT技術の進歩、グローバル化の進展、少子・高齢化の進行などにより、企業の経営環境は大きく変化し、企業と従業員の関係や、人びとにとっての「働くこと」の価値観も変わってきています。
私たちは、刻々と変化する経営環境の中において、個々の顧問先企業様のご実情にあった企業経営・人事労務管理支援をご提供し、顧問先企業様の成長と発展に寄与いたします。

副代表

伊藤 弘人

・社会保険労務士
・情報処理技術者
・メンタルヘルスマネジメントⅠ種

東北大学卒業後、楽器メーカー及び都市銀行にてキャリアアップ。後に社労士業務に従事すると同時に常葉大学の講師として学生の指導にあたり現在に至る。

副代表

鈴木 一弘

・特定社会保険労務士
・中小企業診断士

同志社大学卒業後、民間企業と会計事務所にて総合職としてキャリア形成、その後社労士業務に従事し現在に至る。

副代表

鈴木 俊宏

・特定社会保険労務士
・メンタルヘルスマネジメントⅡ種

中央大学卒業後、(旧)大石労務管理事務所にて社労士業務に従事し現在に至る。

相談役

大石 脩一

・元静岡県社会保険労務士会長
・元全国社会保険労務士会連合会
副会長

グループリーダー

川畑 晧相

・行政書士(試験合格者)

明治大学卒業後、都市銀行に就職。その後、自動車部品の製造業にて人事労務、安全衛生、環境関連等の幅広い業務を経験後、社労士業務に携わり現在に至る。

河原崎 浩徳

・社会保険労務士

東京学芸大学卒業後、協同組合にて預貯金、ローン、保険等の個人向けの金融商品の営業を経験。その後、社労士業務に従事し現在に至る。

高橋 幸宏

・社会保険労務士
・中小企業診断士(試験合格者)
・メンタルヘルスマネジメントⅡ種

明治学院大学卒業後、自動車部品の製造業にて安全衛生管理等の総合職を経験後、社労士業務に従事し現在に至る。

藤田 大祐

同志社大学卒業後、食品メーカーにて、ホテル等への業務用商品の営業を経験後、社労士業務に携わり現在に至る。